1. TOP
  2. お知らせ(一覧)
  3. お知らせ(詳細)

お知らせ

  • 2017年2月20日

    名古屋就労ビザ|タイ古式マッサージの施術者

    名古屋市のお客様より、タイ古式マッサージの施術者として就労ビザを取得したいとご相談がありました。
    残念ながら、タイ古式マッサージの施術者で就労ビザを取得することはできません。
    これはタイ古式に限らず、その他中国等マッサージの施術者全般ができません。
    就労ビザを取得するには、出入国及び難民認定法に定めらている在留資格に該当する必要がありますが、マッサージの施術者はそのどれにも該当しません。
    結果、就労ビザ取得ができないという結論になります。
    そのようなことから、タイ古式マッサージの施術者を雇用する方法としては、施術の技術がある留学生をアルバイトとして週28時間以内の就労で雇用するか、配偶者ビザ等(配偶者、永住者、定住者)を取得している施術者を雇用するのかのどちらかとなります。
    ただし、留学生の場合は、卒業によって雇用ができなくなる可能性があります。
    長期雇用をお考えの場合は、配偶者ビザ等を取得している外国人を雇用した方が賢明でしょう。

     

    相談者:個人
    相談内容:在留資格認定証明書交付申請
    相談場所:メール相談
    管轄:名古屋入国管理局

記事一覧へ戻る