1. TOP
  2. お知らせ(一覧)
  3. お知らせ(詳細)

お知らせ

  • 2018年12月5日

    外国人技能実習制度について⑦ ~技能実習生受入のメリット~ 就労ビザ専門の行政書士つばさ事務所(名古屋)

    技能実習生受入のメリット

    ◆人材確保
    3~5年間と定められた期間内は、意識の高い技能実習生の力を借りることができます。
    政府側で定めている技能実習生の受入が可能な職種・業種には、
    人手不足が深刻とされるものが多く、
    外国人技能実習制度の積極的な活用を促していると考えられます。
    外国人技能実習制度を上手に取り入れることで、
    活発な営業展開から業績向上・利益向上に結びつくことも大いに可能です。
     
    ◆採用リスクを最小限に
    国内で求人広告費や採用マージン、教育費などのコストをかけても、
    1~2年程度で離職してしまうケースはよくあることです。
    外国人技能実習生も3~5年間と限定的ではありますが、
    逆にいうとこの期間内には実習生の力を借りることができる制度です。
    受入までに多少時間がかかることや書類作成の手間はありますが、
    その代わりに送出機関や監理団体が募集・選抜、教育した実習生が活躍してくれるのですから、
    採用リスクは最小限といえます。
     
    ◆社内の活性化
    日本の技術を習得するという目的意識を持った技能実習生が組織に加わることで、
    実習生たちの仕事に対する姿勢や勤勉さに触れた既存社員やパート・アルバイトの方々に
    よい刺激となり、社内の活性化につながります。
    技能実習生がいることで、積極的に話しかけて伝えたり・教えたり・共有したりする
    前向きなカルチャーが生まれやすくなるからか、
    受入企業から「社員の責任感が強くなった」「スタッフ同士のコミュニケーションがよくなった」
    という意見が出ることがよくあります。
     
    •  名古屋にある行政書士つばさ共同法務事務所は、就労ビザの中でも特に
      「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」を専門としていますので、
      その経験、知識、ノウハウを活かし、高い許可率を誇っています。
      ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
      また、来年4月から新しい在留資格「特定技能1号・2号」が創設される予定です。
      まだ法案の段階ではありますが、お問い合わせやご予約も承っております。

記事一覧へ戻る