1. TOP
  2. お知らせ(一覧)
  3. お知らせ(詳細)

お知らせ

  • 2019年7月17日

    就労ビザ東京(足立区) 雇用契約は就労ビザ申請手続き前?|就労ビザ専門の行政書士つばさ法務事務所

    東京都足立区の企業様より「外国人就労ビザの申請手続きをするときに雇用契約をしている必要がありますか?」と就労ビザ取得申請手続きについてのご相談をいただきました。

    ご相談いただいた東京都足立区の企業様のように雇用契約の時期についてのご相談は多くいただきます。
    それも当然かと思います。
    なぜなら、正社員雇用予定の外国人は就労ビザを取得することができなければ働くことができません。
    要するに、就労ビザの取得=企業での雇用が可能な状態=雇用契約の締結となり、雇用契約の締結の条件として就労ビザの取得が必要となります。
    それを前提に考えると、雇用契約の締結ができない状態(就労ビザの取得前)にもかかわらず、雇用契約をするというのは不自然であり疑問が生まれます。
    しかし、就労ビザを取得するための要件の中に契約関係の立証があり、それを立証する書類が雇用契約書等となります。
    そのため、就労ビザの申請手続きをするときには雇用契約をしている必要があるというのが、結論です。

    では、雇用できるかわからない状態(就労ビザを取得していない状態)でどのような雇用契約をすればいいのか?
    それは、停止条件を明記した雇用契約書を作成して対応します。
    停止条件の例文は下記のようなものとなります。
    「乙が就労可能な在留資格の取得ができなかった場合は、本契約は成立しない。在留期間更新許可を受けることができなかったときは、本契約は当然に中途解約される。」
    このような停止条件が明記された雇用契約書であれば、万が一、就労ビザの取得ができなかった場合にも対応が可能です。


    東京都足立区の外国人就労ビザの申請手続きでお困りでしたら、外国人正社員雇用・就労ビザ専門の行政書士つばさ共同法務事務所にお気軽にご相談ください。
    相談無料、年中無休で承っております。


    東京都足立区だけでなく東京入国管理局管轄、大阪入国管理局管轄、名古屋入国管理局管轄、福岡入国管理局管轄、広島入国管理局管轄、高松入国管理局管轄、仙台入国管理局管轄、札幌入国管理局管轄、全国の入国管理局に対応しております。


    【東京入国管理局管轄】
    東京都/神奈川県/千葉県/茨城県/栃木県/群馬県/長野県/山梨県/新潟県 ※神奈川県は横浜支局が管轄

記事一覧へ戻る