1. TOP
  2. お知らせ(一覧)
  3. お知らせ(詳細)

お知らせ

  • 2018年10月14日

    新たな在留資格で外国人の単純労働が可能に 外国人雇用・就労ビザ専門の行政書士つばさ法務事務所

     新在留資格の創設に向けて、法務省は臨時国会に提出する入管難民法改正案の内容を明らかにしました。一定の知識・経験が必要な業務に就く「特定技能1号」、熟練した技能が必要な業務に就く「特定技能2号」の2つの在留資格を新設し、1号は在留期間は5年で家族の帯同を認めませんが、2号は長期間の滞在を可能とし、配偶者と子の帯同を認めます。

     

     改正案では、1号の技能水準は政府が定める試験などで確認します。日本語能力は「ある程度の日常会話ができ、生活に支障のない程度」を基本とし、受け入れる分野ごとに業務上必要とされる水準を考慮して定める試験などで確認します。技能実習(最長5年)を終えた外国人は1号の試験が免除されます。政府の定めた試験などをクリアすれば1号から2号に移行を可能とします。2号は既存の各専門分野の就労資格と同様に取り扱い、在留期間の更新を認めるため、日本に長期間滞在し続けることも可能になります。

     

     受け入れ企業や外国人支援に関する規定も整備されます。受け入れ企業は、日本人と同等以上の報酬を支払うなど、雇用契約で一定の基準に適合する必要があります。さらに1号の外国人に対しては、計画を策定して日常生活や職業生活などの支援をするよう求めます。

     

     また、受け入れ業種について、政府は「生産性の向上や国内人材確保のための取り組みを行っても、その分野の存続に外国人が必要な分野」としました。建設、介護、農業といった十数業種が検討対象となっており、今後具体的に定める方針です。

     

     深刻な人手不足の業界に対応するため、政府は来年4月の制度開始を目指しています。これまで就労目的の在留資格は大学教授や弁護士などの「高度な専門人材」に限られていましたが、単純労働も対象に入れた新在留資格は大きな政策転換となり、外国人、企業、そして私たちのような専門家にとっても、まさに革命と言えるでしょう。ただし、受け入れ後に人手不足が解消した業種については、受け入れ停止・中止の措置をとるようです。

     

    • 名古屋にある当事務所は、就労ビザの中でも特に「技術・人文知識・国際業務」、「企業内転勤」 を専門としていますので、その経験、知識、ノウハウを活かし、高い許可率を誇っています。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

     

     

    主要対応地域

    【愛知県】

    名古屋市/豊田市/安城市/岡崎市/豊橋市/豊明市/小牧市/春日井市/一宮市/大府市/東海市/常滑市/半田市/知多市/西尾市/稲沢市/碧南市/日進市/刈谷市/清須市/北名古屋市/知立市/みよし市/尾張旭市/瀬戸市/長久手市/豊川市/高浜市/蒲郡市/新城市/田原市/江南市/愛西市/弥富市/津島市/犬山市/岩倉市/あま市/東郷町/蟹江町/豊山町/阿久比町/東浦町/その他町村

    【岐阜県】

    岐阜市/大垣市/各務原市/多治見市/恵那市/関市/土岐市/中津川市/海津市/飛騨市/美濃市/山県市/瑞穂市/瑞浪市/羽島市/郡上市/下呂市/高山市/可児市/本巣市/美濃加茂市/その他町村

    【三重県】

    津市/四日市市/桑名市/松阪市/伊勢市/伊賀市/鈴鹿市/いなべ市/志摩市/名張市/亀山市/熊野市/鳥羽市/尾鷲市/その他町村

    【静岡県】

    湖西市/浜松市/静岡市/磐田市/天竜市/三島市/焼津市/沼津市/伊豆市/御殿場市/掛川市/袋井市/御前崎市/菊川市/島田市/藤枝市/牧之原市/熱海市/富士宮市/伊東市/富士市/裾野市/伊豆の国市/下田市/その他町村

    【福井県】

    あわら市/越前市/大野市/小浜市/勝山市/坂井市/鯖江市/敦賀市/福井市/池田町/永平寺町/越前町/おおい町/高浜町/南越前町/美浜町/若狭町

    【富山県】

    富山市/高岡市/魚津市/氷見市/滑川市/黒部市/小矢部市/射水市/南砺市/砺波市/その他町村

    【石川県】

    金沢市/七尾市/小松市/輪島市/珠洲市/加賀市/羽咋市/かほく市/白山市/能美市/野々市市/その他町村

    以上、名古屋入国管理局管轄

     

    その他、東京、大阪、福岡をはじめ全国の入国管理局に対応可能です。

記事一覧へ戻る